TOP 住宅ローンに関する情報

住宅ローンに関する情報

利用する前に知っておきたい住宅ローンにおける頭金の重要性とは

住宅ローンを組む際に必要となるのが頭金です。

新築のマンションなどでは物件の担保価値の高さもあって、頭金をほとんど必要としないケースもあります。
しかしその分毎月の返済額は増えることになるため、頭金を用意しておく事は重要です。
住宅は住んでから何かと維持費がかかるものです。設備が古くなれば修理や交換が必要となりますし、水周りの手入れも必要となってきます。
すると毎月の返済額が多くなるほどに負担も増えることになりますので、極力頭金は多くしておいた方が安心できます。

逆に返済額を増やさなければ購入が難しいとなると、それは無理をした購入額になります。

一定期間は金利を低くできる住宅ローンもありますが、その場合でもいずれは返済額は増えることになります。
そのため、資金計画は無理のないように計画を立てる事が必要となるわけです。
またローン返済額を少なくすることによって、金利負担も少なくなります。
頭金を払わずにローンを組んだ場合、トータルの支払い額が頭金を払った場合よりも増えることになるので、最初の頭金の重要性は非常に大きなものとなります。

無理な資金計画を立てることは避けて、頭金を用意できるようになってから購入を考えることが大切です。


利用する前に知っておきたい住宅ローンにおける無理のない返済額って?

住宅ローンで借りられる金額というのは、金融機関の判断によるものです。

金融機関はお金を貸すことが仕事ですので、利用者が無理なく返済できるかどうかということは問題にしません。
そのため、借りられる金額と無理なく返済できる金額は違います。

住宅ローンの限度額は、主に年収によって計算されますが、無理のない返済額は、同じ年収でも、家族構成、年齢、生活レベル、価値観などによって異なってきます。
住宅ローンを利用する前に、毎月どのくらいまでなら返済にあてることができるかを検討してみましょう。
現在の収入、支出だけでなく、子供は何人ほしいか、子供の教育にいくらかけたいか、生活レベルはどの程度にするのかなど、将来のことまでよく考えることが大切です。

住宅ローンを借りる時の理想基準として、「年収の5倍」や「返済比率が20%以下」といった基準があります。
しかし、住宅ローンの審査では、返済比率が30%程度でも審査に通ることがあります。
これは、理想とされている基準よりも借りられる金額が多いということを示しています。

審査に通ったとしても、限度額いっぱいまで借りるのは少し待って、よく将来のことを考えて無理のない返済額になっているかを再検討することが大切です。



Copyright © sinsei-fudousan.co.jp All rights reserved.